ヘルメス学の範囲

ヘルメス学という名称は、そのままではヘルメスの学問を意味すると捉えることができましょう。ではヘルメスの学問とは何か?
ヘルメスの教義に基づいて行動する人たちのことをヘルメス主義者といいます。ところでこのヘルメス主義という言葉、英語では次の二通りの表記がなされるのです。
①Hermetism→『ヘルメス文書』に関わる、あるいはまた『ヘルメス文書』に直接の影響を受けて書かれた後の時代のテクストに関わる潮流を表す。
②Hermeticism→錬金術やそれと類似した思考法など、西洋隠秘思想における多くの相を表す。
そもそもヘルメス学とは、①の内容を意味するものでした。伝説のヘルメス・トリスメギストス(三倍偉大なるヘルメス)によって著されたとされる『ヘルメス文書』、あるいは『ヘルメス文書』の影響下に書かれた著作に基づいた潮流が、狭義のヘルメス学なのです(実際は『ヘルメス文書』自体は紀元前3世紀~紀元3世紀頃エジプトのアレクサンドリアで書かれたものらしいのですが、詳しいことは別稿で述べたいと思います)。
すなわち、ヘルメス学といっても、ギリシャ神話のヘルメスに直接由来するのかというとそうではなく、ヘルメス・トリスメギストスがその名の元になっているのです。勿論、『ヘルメス文書』はギリシャ神話のヘルメスを讃える書物でもあり、神話のヘルメスと密接に関わっています。
『ヘルメス文書』と呼ばれる作品群のテーマはとても幅広いものでした。哲学・宗教の他、占星術や魔術、錬金術などがテーマに…そんなわけで、ローマ・カトリック教会の支配する中世においては、異端の烙印を押されかねないヘルメス学が興隆するのが難しかったのは当然でしょう。
そんなわけで②の意味でのヘルメス学が興隆するのはルネッサンスになってからのことです(キリスト教とヘルメス学参照)。ルネッサンスにおいては、マルシーリオ・フィチーノが『ヘルメス文書』をラテン訳し、その内容が広く知れ渡るようになりました。そしてなにより、『ヘルメス文書』に直接あたらない人たちの間にも、『ヘルメス文書』に刺激され、占星術・魔術・錬金術の研究自体が盛んになったのです。そうしたルネッサンスからの潮流を②の意味、つまり広義のヘルメス学といいます。占星術・魔術・錬金術、そしてその背後にある思想や活動も含めた領域がヘルメス学の範囲なのです。